社員教育に対する関心が高まっている理由

人材は人財なので大切にする

ブラック企業という言葉が有名になり、過労で疲弊した人材を切り捨てる企業が非難されています。そのような企業はインターネット上で悪評が広がってしまい、人材募集をかけても集まらないという状況になっています。そんな風潮もある一方人材を財産、つまり人財と考えて大切に育てようとする企業もあります。このような企業は社員教育を計画的に実施して、社員のレベルアップを図っています。
企業にとって、人件費は経営の負担になります。なので多くの企業は人件費を減らしたいと考えていますが、一番無駄になるのはせっかく入社した社員が早期に辞めてしまうことです。なので社員が早期に辞めないように、社員研修を実施して大切に育てる意思を伝える必要があるのです。

ゆとり教育の弊害は大きい

ゆとり教育はその名の通りゆとりを持った教育をするという方針ですが、これによって人格形成に支障を来している人材が多くなりました。少し怒られただけで無断欠勤してしまったり、上司と会話をしているのに敬語ではないなど、一昔前では考えられないようなことが巻き起こっています。ゆとり教育の環境で育ってきた世代が次々と社会に出ることで、ゆとり教育とは無縁だった世代との間に軋轢が生じています。
ただ、社会に出たからにはゆとり教育など関係ありません。同じステージで戦い、結果を残せなければ淘汰されるだけです。なので簡単に淘汰されないような人材になるには社員教育で礼儀や精神的な強さを教えていかなければならないので必要性が高まっています。