利益率アップに欠かせない社員教育

利益の構造を知ること

企業に取って売上を上げるためには営業社員に頑張ってもらう必要があります。企業の中には営業部の部屋にグラフを掲示して、売上金額目標や取得件数を競わせたり自覚させたりしているところもあります。がむしゃらに売上を伸ばすことだけを考えている人達が多いです。しかし給与や賞与を増やしたり、また企業が拡大するための投資ができるためには、売上ではなく利益を確保することが大事であることに注目されていないところも多いです。
そのため、売上を確保するために割引や値引きをして利益率を下げたりする営業社員も出てきたりします。自分の目の前の目標だけではなく、会社全体のことを考えた経営者的な視点から考えることも大事なことで、それを社員研修教育を通して教える企業も多くなっています。

営業は本来の業務で勝負

会社が目標としている利益率アップに欠かせない社員教育のひとつとして、経理知識を営業社員に教えることが注目されています。細かな経理の仕訳を教えるのではなく、決算書を読んだり仕組みを教えることがメインになります。利益はどのように算出されるのか、利益を増やすためにはどのようにしたらいいのかを研修することで、安易な値引きは避けるようになります。
逆に営業本来の業務として、どのようにしたら購入してもらえるか、注文数を増やすことができるかを真剣に考えるようになります。営業社員が利益を意識することで強い企業になることができます。数字を語れる営業社員は、取引先からも一目置かれるようになり、数字で語ることによって嘘はつけず、逆に信頼感を得ることもできます。