社員教育を外部に委託する場合のポイント

教育コンテンツの充実度をチェック

社員教育を行うとき、内部で行うか外部で行うかの選択があります。内部で行う場合、社内の中で情報を保管できます。また、思い通りの教育ができます。一方で、準備が必要であったり、専門の担当者を抱えておく必要があるなどの問題もあります。最近は外部の会社も多くなり、委託するケースも増えています。
外部に委託する場合、それらの会社がどんな教育コンテンツを持っているかをチェックしておきましょう。新入社員教育であったり、管理者教育、経営者教育などがあります。広く充実したコンテンツを持っていると、いろいろな教育を依頼することが出来るでしょう。内容の更新度合いも見ておきます。いつも同じ内容の所より、新しい方法をどんどん取り入れるところの方が新鮮な気持ちで受けられます。

自社の雰囲気に合わせるかあえて外すか

会社にはそれぞれ社風があるとされています。厳しい環境の中で業務をさせるところもあれば、穏やかな環境の所もあります。業種にもよりますが、社員はその社風の中で活動をしています。
社員教育を外部に委託するとき、当然自社以外の担当者が教育を行います。まずは、自社の雰囲気と同じような教育を行ってくるところに依頼するケースがあります。厳しい環境なら、厳しめの教育をする業者です。より厳しい教育を行ってもらうことで、社員を成長させてくれる可能性があります。一方で、あえて自社の雰囲気とは逆の教育を行う業者に依頼することがあります。業者によっては、どんな教育をするかのリクエストができるところもあります。優しめなのか、スパルタなのかなどです。